【水無月】6月30日に食べる京都の和菓子。今年は「たねや」さん。

6月に入ると京都の和菓子店に必ず並ぶのがこの水無月です。

京都では、本来、6月30日に水無月を食べます

最近では、6月に入るといろんな和菓子店で水無月が売られています。

目次
スポンサーリンク

水無月とは


水無月は、三角形の白のういろう生地小豆をのせた和菓子です。

京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、

残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓・なごしのはらえ」が行われます。

この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」です。

平安時代、宮中では、この日に貴重な氷を口にして、暑気を払うならわしでした。

それにならって、

水無月の三角形は暑気を払う氷を表しています。
ういろうの上にある小豆は邪気払いの意味があります。

【たねや】の水無月

今回食べた「たねや」の水無月は6月24日~30日までの限定販売です。

たねやさんのパッケージはいつもおしゃれ
中身はこんな感じ

販売期間: 6月24日~30日
価格(税込み): 二個入り756円
日保ち: 2日

水無月

感想:2個入りなのですが、1つがとても大きいので、半分でちょうどいい量です。
くず粉を使っているのでもちっとした食感、小豆も大きいものがたくさんのっていて、
ボリュームがあります。
甘さは、そこまで控えめでもなく、ちょうどいいぐらいでした。

まとめ

京都人は「水無月」といえば、この和菓子を想像します。

6月30日に水無月を食べるのは、全国的な習慣かと思っていたのですが、京都の習慣なのですね。

最近では6月に入ると、いろんな和菓子屋さんで水無月が店頭に並ぶので、選ぶのが楽しみになってきました。

水無月は手作りもできるそうなので、今度作ってみようと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる