【クック諸島】独立した国なの?行き方は?どんなところ?

「クック諸島」という名前は聞いたことがありますか?

南の美しい海、温暖な気候、などイメージはありますが、はたして、国なのか?など、疑問はありますよね。

クック諸島は、独立した国なのか?

日本からはどうやって行くのか?

クック諸島とはどんなところなのか?

詳しく説明していきますね!

目次
スポンサーリンク

クック諸島は国なの?

ニュージーランドとの自由連合関係を維持しています。

ニュージーランドと自由連合の形をとり、ニュージーランドの構成国の一つです。

と、いうことは、ニュージーランドの領土なの?

という疑問がわくと思います。

クック諸島は、主権国家と同等の内政を行っていて、独自の外交をしています。

しかし、国防と外交の最終責任はニュージーランドにあるのです。

また、クック諸島に住む人々は、ニュージーランドの国籍を所持しています。

次のことから、クック諸島を独立した国と認めている国は少ないのです。

日本は、2011年3月にクック諸島と国交を締結し、193番目の国として承認としています!

つまり、日本は、クック諸島を「国」として認めています

オリンピックでも、「クック諸島代表」として選手が出場していましたね。

クック諸島へは、どうやって行くの?

日本からクック諸島への直行便はありません。

日本からニュージーランドのオークランドまで行き、そこからクック諸島のラロトンガへ乗り継ぐ方法が一番便利です。

日本からオークランドまで約11時間、オークランドからクック諸島のラロトンガまで4時間弱です。

乗り継ぎ時間があまり長くないので、合計で約15時間です。

もっと遠いイメージがありましたが、意外と近いという印象です!

クック諸島はどんなところ?

クック諸島というと、美しい南の島のイメージです。

気候や言語、観光などについて紹介します。

気候

クック諸島は、年中、どの時期でも過ごしやすい温暖な気候です。

乾季は4月から11月で平均気温が26℃で、からっとしています。

夏は、11月から3月ですが、平均気温が28℃なので、そんなに暑すぎないですね。

言語

主な公用語はマオリ語と英語です。

英語が通じると安心ですね!

観光

南の島なので、美しいビーチでゆっくり。

シュノーケルやダイビングもいいですね。

クック諸島のひとつアイツタキ島では、クジラと一緒に泳ぐホエールスイムを体験することができます。

クック諸島の位置

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる