能登伝統の揚げ浜塩の通販&取り寄せ【石川県・珠洲(すず)市】

石川県・能登半島の伝統の塩づくり「珠洲(すず)の塩」は、暖流と寒流がまじりあう日本海の海水で作られています。

能登の塩がおいしいのには、理由があります。

能登のきれいな海水を塩田にまいて、天日で自然乾燥させる、という、

ただ塩辛いだけでなく、甘みもあり、まろやかで味わい深い塩なのです!

なんとも、手がこんだ、職人さんが作る技だったんですね。

おいしい能登の塩が購入できるところや、塩レモンのレシピ、塩ラーメンについて紹介します。

目次
スポンサーリンク

能登の塩が購入できるサイト

能登のはま塩が購入できるサイトです。

能登の塩のおいしさのひみつ

ピュアな海水を塩田に撒き、天日で自然乾燥させることによって醸し出される、「揚げ浜式製塩法」で、作られています。
500年以上前から「揚げ浜式製塩法」で続けられているのは唯一、石川県能登半島だけという稀少なお塩です。

製法

塩田に砂を拡げ、その上に海水を細かく撒きます。
砂を天日で乾燥し砂に塩をつけます。
その塩を砂から取り出すために、再度、海水に溶かします。
そこで、濃度の高い海水ができます。この海水を釜に運び、水分を蒸発させ、塩が出来上がります。

オススメの食べ方

やはり塩むすびがおいしいですよ!

他には、焼き魚・天ぷら・ステーキ・煮物・漬物など。

ミネラルがたっぷりなので、麦茶に入れるのもおすすめです。

焼き鳥やお刺身にもとっても合いますよ!

スポンサーリンク

塩レモンの作り方

唐揚げに合う簡単な塩レモンの作り方を紹介します。

材料

レモン 2個
塩   30g~50g (レモンの重さの10~20%)

ビン、タッパーなどの密封できる容器

STEP
レモンの表面を水で軽く洗い、水気を拭き取っておきます

レモンは国産のものがオススメです。

STEP
レモンの両端を切り落とし、輪切りにします。その後、角切りに。

厚さは薄くても厚くても大丈夫!

STEP
密閉容器に切ったレモンと塩をいれてよく混ぜ合わせます。お好みで少量の砂糖を。

塩がレモン全体にいきわたるようにする

STEP
2、3日寝かせて完成です

暑い時期は冷蔵庫で1週間ねかせます。



塩レモン唐揚げのレシピ

塩レモン、ネギ、オリーブオイル、鶏ガラの顆粒、はちみつを混ぜます。

それを揚げたての唐揚げにのせたら、完成!

スポンサーリンク

能登揚げ浜 塩ラーメン

能登の塩を使った「塩ラーメン」です。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる